安く利用ができる設備

関空から海外へ行く場合には、主に、電車、バス、車を使用していく方法があります。電車の場合は荷物が少ない場合は良いのですが、海外へ行く場合は、一般にスーツケースなど荷物も多く、駅までの荷物の運搬、駅構内での移動など、困難を極めます。路線バスの空港までの便が確保されている地域の場合は、バス利用は便利ですが、思った時間に運航していない場合もあります。その分、車であれば、好きな時間に家から直で関空まで行くことができ、途中で気がついた、足りないものをコンビニで購入することもでき、明らかに融通が利きます。駐車場については、関空内の直結したビル内に設置されており、雨の日でも濡れることなく移動することができます。

関空の駐車場は、隣接したビルにあるため、比較的移動は簡単なのですが、荷物が非常に多い場合は一度で運べないことも出てきます。そういった時には、既存の駐車場ではなく、民間の駐車場業者に依頼するのも一つの方法です。こういった業者は、関空の4Fの国際線チェックインカウンター前で車を預かってくれるので、車を降りたすぐのところで荷物を預けることができるのです。その距離は100m以内で、これなら荷物が多くても、苦になりません。さらに、関空内の駐車場に停めておくよりも安い駐車料金設定であるので、コスト的にも安く済ませることができます。もちろん帰りには、時間に合わせて車を持ってきてくれるので、心配はいりません。